キャスターマイルド新パッケージデザインについて

キャスターマイルドのパッケージたばこ

追記:現行のキャスターマイルドそのものは特にバニラの味はしません。シガレットそのものの香りは一級品です。アロマにしたいくらい。バニラ味のタバコを求めている方は以下の銘柄をおすすめします。

  • ウィンストンキャスターマイルド 5 KSソフトパック
    • 購入日:2019年2月15日
    • 購入価格:450円
    • 購入場所:セブンイレブン
スポンサーリンク

バニラテイスト、まろやかな甘味

銘柄統合からなにかとデザイン変更が行われているウィンストン系統ですが、この度全銘柄デザインを一新することになり、最近流行しているフラットデザインなパッケージに変更されました。

たばこパッケージ全体像

ウィンストンminiのデザインを鑑みるに、そのデザイン傾向は少し前からあったのかと。また、左下に影も形もなかったかつてキャスターブランドだった頃の面影がチラリと顔を出しています。あなたはウィンストンだけれでもキャスターなのね。

(2020年4月の警告表示拡大後がこちら

拡大に伴うデザインの大幅変更はありませんでした。

デザインあれこれ

パッケージデザインについて

JTのウィンストン紹介ページもフラットデザインなページにリニューアルしていましたし、方向性はしばらくモダンな感じでいくつもりなんだろうなぁ。

winstonパッケージ

陳列棚からはタール値によるデザインが分かりづらいなぁとは前々から思っていましたが、メビウスのように線形の濃淡で識別するデザインに変わったようです。特に識別性の観点からは良くなったのか悪くなったのかなんとも言い難いデザイン変更です。

(2020年4月の警告表示拡大後との比較

縦の余白が減っただけでロゴの大きさなどはほとんどかわりません。

若干casterと書かれている見出し部分が小さくなっていることくらいでしょうか。

並べてみると警告表示拡大後を前提としていたデザインであったとよくわかりますね。

フイルターチップデザインについて

ところで、今回パッケージだけでなく、フィルター部も一新されています。ピアニッシモのようにキラキラ、妙にテカテカした質感だったものが、よくある紙のフィルターに変更されました。近いものをあげるとすれば稲妻メンソールのようなフィルターチップかな。

またデカデカと印刷されたXSの文字がなくなりチップの銘柄もXS CasterからCasterのみに変えられていました。XSといえばWinston統合後に何かと強調されていたように思えますが、他の銘柄からも消えているあたり一体どういう意味が込められていたのでしょうか。思い当たる節もなくわからずじまいです。

キャスターマイルドの香り、喫味について

濃厚で気品がある香りは健在

以前からキャスターは燃やさずに一本、鼻に近づけて香りを楽しむのが最も適したたばこだと感じています。おちついたバニラの甘い匂いが最も濃厚に楽しめる気がします。

さて、いつものように味と香りは変わりませんとHPで告知されていましたが、例のごとくユーザーからは喫味が変わったという声がチラホラ耳にしました。ぼくも忘れた頃に吸いたくなる銘柄なので、本当に変わったのか確かめてみようと購入した次第です。

同じバニラ着香のショートピースとくらべて

ピースとキャスター
ショートピースとキャスター

キャスターとピースは同じバニラ着香でありながら、比べてみると結構違うものです。ピースはよりタバコ葉(おそらくバージニア)の香りが全面に出ているのに対して、キャスターはより深くにさらに甘みが潜んでいるような印象を受けます。

香り一辺倒、すべてが甘い

とにかく、喫味の方ですが特に大きく変わった感じはなくあぁこんなものだったなという第一印象をもちました。封と開けた際のピースやアークロイヤルとは違うチョコクリームのような名状しがたい甘い香り。その香りに反して別段甘さ一辺倒でなく、むしろ控えめとも思える味わい

味わいの割には甘ったるい匂いを漂わせている紫煙。なんともまあいつもどおり不思議なたばこです。香りはともかく、バニラのような味わいと言われると本当にそうか?といつも疑問に思います。他のタバコより目に染みるのもいつもどおりです。

強いて言うなれば、ゼロカロリー飲料のような独特な甘味料みたいな風味が薄くなったようななくなったような…あのLSS製品特有のチープな後味も割と気に入っていたのでそういった店では甘さが少なくなったといっていいかもしれません。

あとは喫煙後に指に残るヤニ臭さがなくなってむしろ甘い匂いがするようになった。。。気がする。

スポンサーリンク

キャスターマイルドについてのまとめ

どちらにせよ変わってないよと言われたらそうかと納得するような些細な変化しか感じられませんでした。

スーパーで変更前のパッケージが残っているのを目にしましたが、わざわざ購入して比較するほどでもないな。という程度です。

品名:ウィンストン・キャスター・ホワイト・5

価格帯:セブンスターより下、ハイライトと同価格帯

入手性:★5(どこでも売ってる)

個人的おすすめ度:★3.5

余談、銘柄の名前やファミリー系統について

ところでマイルドセブンは名称変更してすっかりメビウスで定着しましたが、キャスターやキャビンをウィンストンと呼ぶのは未だに違和感があるというかどうも浸透してないように感じます。今後”キャスター”として主張していくのかそれとも”ウィンストンの白”として生きていくのか、、、どちらにせよこの独特のキャラクターがなくなることはまだまだ先のことになりそうです。

追記)キャスターに甘さやバニラ感のある喫味を求めていた方はこちらの銘柄の方が適しているかもしれません。


未成年者の喫煙は、健康に対する悪影響やたばこの依存をより強めます。周りの人から勧められても消して吸ってはいけません。喫煙の際にはまわりの人に迷惑にならないように注意しましょう。

本サイトに記載されているたばこの性質状態及び煙中の成分を表すすべての形容表現はたばこが健康に及ぼす悪影響が少ないことを意味するものではありません。

また当記事は喫煙を推奨するものではありません。